戦艦

HTML コード

戦艦は巨大な船体を持ち、艦隊の主力を務める。強力な艦砲射撃により敵に恐怖を植えつけ、速力と機動性は劣るものの、分厚い装甲により味方に自信と落ち着きを与える。

後方においてもその制圧力は変わらず、圧倒的な艦砲射撃で敵を殲滅し、前線にあっては敵の攻撃を一手に引き受ける。

日本の戦艦は特に優れた艦砲を備え、圧倒的な射程を誇る。米国の戦艦は比較的射程が短いものの、優れた装甲と対空砲を備える。




 

特徴

火力

圧倒的射程を誇る砲により、敵が探知できない距離から厚い装甲を貫通し、大ダメージを与えることができる。

驚異的生存率

巨大な船体と分厚い装甲で、敵の最大火力にも耐え抜き、強力な反撃を仕掛けることができる。

制圧力

全方位を狙えるため、敵に迂回を強要できる。

Tips

  • 戦艦は砲の照準と装填に時間がかかるため、戦闘開始時に使用する弾薬と制圧する区域を明確にしておくこと。砲撃精度が勝敗を大きく左右するため、最初に試射を行い、不用意に主砲を一斉射しないように注意。中央防郭を正確に照準できない場合は、榴弾を使用することで攻撃の成功率を高めることができる。
  • 前もって針路を決めておくこと。戦艦は重量があるため、停船や針路変更に時間がかかる。操船の際は状況を十分に確認し、僚艦との衝突を回避すること。操船が難しい場合は、オートパイロットモードを使用することもできる。
  • 常に開水域内で行動するように心がけること。島や岩礁に囲まれた状況では、戦艦は性能を十分に発揮できず、攻撃を受けやすくなる。群島に接近する際は、奇襲を防ぐため、偵察機を発進させること。水上機は耐久力が低く、戦艦に積載できる数も少ないが、索敵はある程度のリスクを負ってでも行う必要がある。損害を恐れるあまりに偵察機を温存すれば、敵駆逐艦による奇襲を受ける可能性が高まる。
  • 船体が大きく、また戦闘力が高いため、戦艦は敵艦上機の標的となる可能性が高い。僚艦と連携し、艦隊としての対空能力を高く維持すること。
  • 厚い装甲を持つ戦艦は、大量のダメージに耐えることができ、修理要員(戦艦でのみ使用できる消耗品)によって、継戦能力をある程度回復できる。また、戦艦では応急処置要員の準備時間が長くなるため、少量のダメージは無視してアイテムの消耗を抑えること。
  • 副砲は、接近戦で威力を発揮する。至近距離で遭遇した敵は、混乱状態に陥っているため、攻撃しやすいが警戒を怠らないこと。戦艦は機動性が劣るため、特に魚雷攻撃に注意する必要がある。船首を魚雷の方向に向けて、攻撃をかわすか、少なくともダメージを最小限にとどめるように努めること。